相模原で葬儀を執り行うとこのような利点があります。

相模原市には市営の斎場があり、民間の斎場と比べ非常に安価な費用で使うことができます。民営の斎場で葬儀を行う場合、式場使用量が20万くらいからなのに対し、市営の斎場は4~5万程となっています。また斎場には火葬場が併設されているので、お通夜から葬儀や告別式、火葬まで移動する必要がなく、マイクロバスや霊柩車の手配がいりません。火葬料も格安で、トータルすると民間斎場での葬儀より格段に値段を抑えられることが分かります。但し安い分予約が取りにくいので、時期によっては日程が先になる場合もあり注意が必要です。火葬場まで移動する必要がないということは、移動が困難な高齢の参列者が多くいる場合に便利です。また斎場には霊安室も備わっており、自宅に安置することが難しい場合、お通夜まで斎場の霊安室を借りることができます。値段だけでなく、こうした利便性も、市営斎場が人気である理由の一つといえるでしょう。

市外在住の場合は少し割り増しに

公営の斎場はその設立費や維持管理費を税金で賄っているため、基本的には故人が市民であったことが利用条件となります。ただし相模原の市営斎場の場合、市外からでも対応しており、式場使用料や火葬料が少し割り増しになりますがそれでも民営の斎場より安く葬儀を行うことができます。しかしながら市内住民優先枠が設けられており、市外住民が利用する場合、利用日の2日前からでないと予約ができないシステムになっており、現実として執り行えるかはかなり運頼みになりそうです。また遠方の場合、電車でのアクセスは少し不便なので、基本的には市民向けとなっています。一方で公営斎場は知名度も高く、駐車場も広く設けられているので、その地に縁があって参列者が多いなどの場合には検討する価値はあると思います。

葬儀の手配は葬儀社を通して行う

近年増えてきている人を呼ばない家族葬や直葬であれば、手配を自分で行うことも可能です。こうした葬儀をセルフ葬といい、棺の手配から運搬、葬儀の運営について全て自分で行います。しかし、セルフ葬は寺院との兼ね合いなどからも現実的には難しく、通常は葬儀社を通じて、斎場や火葬場のスケジュール調整や僧侶との打ち合わせ、花など全ての手配を行います。相模原市営斎場では専門葬儀社などの扱いはなく、基本的にどこの葬儀社でも扱えます。公営斎場は施設が古かったりサービスが悪かったりする場合も多く、この辺をカバーしてもらうためにも、葬儀社に間に入ってもらう方が賢明でしょう。最近は葬儀費用も安く、明確にされています。公営斎場であれば、全ての費用を10万かけずに依頼できるところもありますので、費用やサービスをよく検討してみるといいでしょう。